loading

赤外線サウナはどのくらいの頻度で使用する必要がありますか?

そこに’サウナで20分間汗を流すのと同じようなものはありません。 完了すると、よりリラックスして休息できるようになり、カロリーが筋肉痛を和らげ、全体的な健康と幸福感を改善するのに役立ちます。 筋肉痛を和らげ、睡眠を改善し、リラックスするのに役立つと主張し、 赤外線サウナ より涼しく体を温める方法を探している人に最適です。 赤外線サウナには多くの健康上の利点があります。 このトレンドを試す前に知っておくべきことはすべてここにあります。

遠赤外線サウナとは何ですか?

赤外線サウナは光を利用して熱を発生させるサウナです。 このタイプのサウナは、遠赤外線サウナと呼ばれることもあります。 「遠方」とは、スペクトル上の赤外線の位置を指します。 通常のサウナは熱を利用して空気を温め、その熱で体を温めます。 一方、赤外線サウナは、周囲の空気ではなく体を直接温めます。 さらに、スチームサウナは眠くなることがよくあります。 しかし、赤外線サウナで時間を過ごした後は、よりリフレッシュされ、活力が湧いたように感じられます。

赤外線サウナは、より低い温度でサウナのすべての利点を得ることができるため、通常のサウナの熱さに耐えられない場合に最適です。 これらのサウナは、従来のサウナよりも快適でリラックスできます。 赤外線サウナの温度は通常、華氏 110 度から 135 度 (摂氏 43.33 度から 57.22 度) の範囲です。 従来のサウナの温度は通常 150 ~ 195 F (65.55 ~ 90.55 C) です。

遠赤外線サウナのメリットは何ですか?

赤外線サウナは、赤外線の熱が皮膚の表面を温めるだけではなく体の組織に浸透するため、従来のサウナよりも体の解毒効果が高くなります。 その結果、以下のようなさまざまな健康上の利点があります。:

1. よく眠れます

2.リラクゼーション

3. 解毒

4. 体重が減る

5. 筋肉痛を和らげる

6. 関節炎などの関節痛を和らげる

7. 透明感のあるハリのある肌

8. 血液循環を改善する

9. 慢性疲労症候群に悩む人に役立ちます

遠赤外線サウナは安全ですか?

赤外線は皮膚の層を透過する能力があるため、赤外線サウナ療法の安全性に疑問を抱く人もいるかもしれません。 赤外線サウナは完全に安全です。 実際、非常に安全なので、病院では新生児を温めるために同様のヒーターが使用されています。 赤外線は自然の一部であり、生命にとって不可欠です。 すべての物体は赤外線熱を放出および受け取ります。 人体は遠赤外線帯域の赤外線を発受します。 母親が痛みを和らげるために赤ちゃんのお腹をさするとき、その手から伝わる赤外線の熱が治癒効果を生み出します。

この治療法の使用中に重篤な副作用は報告されていませんが、熱疲労や脱水症状を起こしやすい幼児や高齢者、または発汗能力を損なう薬を服用している人にはお勧めできません。 もちろん、赤外線サウナセラピーを試す前に、抱えている可能性のある病状について必ず医師に相談してください。

How often should you use infrared sauna?

赤外線サウナの滞在時間はどのくらいですか?

赤外線サウナを初めて使用する場合は、最初は 10 ~ 15 分以内でサウナに滞在し、体が熱に慣れてきたら徐々に時間を長くするのが最善です。 これにより、赤外線熱が体に伝わり、安定した安全な赤外線温熱療法を導入できます。 何事もそうですが、慣れるまでには時間がかかります。 では、赤外線サウナの健康上の利点を実感するには、どれくらいの時間セッションを続けるべきでしょうか?

Dida Healthy では、初めてサウナに入る場合は 15 分ほど滞在することをお勧めします。 体がプロセスに慣れてくると、サウナに 25 ~ 40 分入ると最高の効果が得られます。 赤外線サウナは摂氏40度から55度程度の温度で使用するのが最適です。

ただし、サウナに入る前に水分補給する必要があることに注意することが重要です。そうしないと、脱水やめまいが深刻な危険になる可能性があります。 また、サウナに長時間滞在すると脱水症状を引き起こす可能性があります。 赤外線サウナ内の水分が不足している場合、30 分以上経過すると不快感を感じる可能性があります。

全体として、これはあなたが健康で、水分補給があり、長期間運動をしていることを前提としています。 この場合、快適であれば最長 35 ~ 45 分間、遠赤外線サウナをより長くお楽しみいただけます。これも考慮すべき重要なポイントです。 赤外線サウナは非常に熱くなる可能性があるため、長時間屋内に滞在する前に、温度に満足していることを確認する必要があります。 最後に、全体的な健康状態は、赤外線サウナにどれくらいの時間座るべきかを決定するのに役立ちます。 熱によって悪化する可能性のある病状がある場合は、赤外線温熱療法を開始する前に医師に相談してください。

遠赤外線サウナの利用頻度

赤外線サウナの使用には多くの健康上の利点がありますが、使用頻度は年齢、健康状態、個人の好みなどの要因によって異なります。 以下、私たち’赤外線サウナをどのくらいの頻度で使用する必要があるかを見て、サウナから最高の結果を得る方法についてのヒントをいくつか紹介します。

1. 日常的に使用

初心者は 100 ドルで 20 ~ 30 分のセッションから始めることができます。130°Fは週に1回、徐々に週に2〜3回に増やします。

平均的なユーザーは、週に 2 ~ 3 回、同じ温度範囲で最大 45 分間の運動を楽しむことができます。

アスリートや経験豊富なユーザーは、60 分間のセッションを週に 3 ~ 4 回、最高 200 ℃ の高温で実行できます。 140°F.

ただし、サウナの前後には水をたくさん飲み、体の声に耳を傾け、基礎的な健康上の問題がある場合は事前に医師に相談する必要があります。 サウナが初めての場合は、ゆっくりと体の声に耳を傾けて始めてください。 体が慣れてくるにつれて、トレーニングの頻度と時間を徐々に増やしてください。

2. 毎週の使用量

赤外線サウナセラピーは、多くの健康上の利点をもたらす強力な自然療法です。 ただし、その効果を最大限に高めるには、赤外線サウナセラピーを定期的かつ適切に使用することが重要です。 以下は推奨される毎週の使用ガイドラインです。:

初心者向け: 赤外線サウナセラピーを初めて使用する場合は、週に 1 ~ 2 回のセッションから始めて、それぞれ約 10 ~ 15 分間続けてください。 暑さに慣れてきたら、トレーニング時間を徐々に20〜30分に延ばしてください。

一般ユーザー: 一般的なユーザーの場合、週に3〜4回、毎回30〜45分間の使用をお勧めします。

上級ユーザー: 上級者は、毎日最大 1 時間のセッションでサウナを使用できます。

各トレーニングの前後に水分を補給し、不快感の兆候がないか体の声に耳を傾けることが重要です。 赤外線サウナセラピーがあなたの健康目標と一致しているかどうかを確認するために、事前に医療専門家に相談することをお勧めします。

3. 毎月の使用量

赤外線サウナセラピーは体をリラックスさせ、解毒するのに最適な方法ですが、使用は適度に行う必要があります。—通常は週に 1 回か 2 回です。

遠赤外線サウナは光を利用して熱を発生させ、その熱が体に浸透して芯から温めます。 赤外線サウナには、循環の改善、血圧の低下、慢性的な痛みの緩和など、多くの健康上の利点がありますが、過度に使用すると、脱水症状、過熱、免疫力の低下などの望ましくない副作用が発生する可能性があります。

赤外線サウナを安全かつ効果的に使用する方法は、週に 1 ~ 2 回 10 ~ 15 分のセッションから始めて、必要に応じて徐々に継続時間と頻度を増やすことです。 それは’各セッションの前、最中、後に十分に水分を補給し、不快感の兆候がないか体の声に耳を傾けることが重要です。

この種の治療からセッションの間に体が回復するには時間がかかることを覚えておいてください。 これには、全体的な水分補給レベルを回復することが含まれます。 数日ごとに休憩をとることで、体の完全な回復を促すこともできます。 毎日使用すると、あまり効果が得られず、脱水症状のリスクが高まる可能性があります。

prev prev
What does the vibroacoustic therapy bed do?
Vibroacoustic table: An innovative way to relieve stress and anxiety
あなたにおすすめ
アプリケーション: 在宅病院 定員:1名様 機能: 回復する キャビン素材: TPU キャビンサイズ: Φ80cm*200cm カスタマイズ可能 色: 白色 加圧媒体: 空気 酸素濃縮器純度:約96% 最大風量:120L/分 酸素流量:15L/min
アプリケーション: 病院/家庭 機能: 治療/ヘルスケア/救助 キャビン材質:二層金属複合材料 + インテリアソフト装飾 キャビンサイズ: 2000mm(L)*1700mm(W)*1800mm(H) ドアサイズ: 550mm(幅)*1490mm(高さ) キャビン構成:手動調整ソファ、加湿ボトル、酸素マスク、鼻吸引器、エアコン(オプション) 酸素濃度酸素純度:約96% 作動音:<30db 機内温度:周囲温度+3℃(エアコンなし) 安全設備:手動安全弁、自動安全弁 床面積:1.54㎡ 客室重量: 788kg 床圧:511.6kg/㎡
アプリケーション: 在宅病院 定員:お一人様 機能: 回復する 材質:キャビン材質:TPU キャビンサイズ: 1700*910*1300mm 色: 元の色は白、カスタマイズされた布カバーが利用可能です 電力:700W 加圧媒体: 空気 出口圧力:<400mbar@60L/min 最大使用圧力: 30Kpa 内部酸素純度:26% 最大風量:130L/分 最小風量:60L/min
さまざまな周波数にわたる音波振動と遠赤外線ハイパーサーミア技術を組み合わせたソニックバイブレーションサウナは、スポーツ関連の回復のための包括的な多周波リハビリテーション療法を患者に提供します。
さまざまな周波数にわたる音波振動と遠赤外線ハイパーサーミア技術を組み合わせたソニックバイブレーションサウナは、スポーツ関連の回復のための包括的な多周波リハビリテーション療法を患者に提供します。
データなし
ご連絡ください
広州滴達科技有限公司 は正林製薬が投資し、研究に特化した会社です。
+ 86 19926035851
24時間体制で
      
私達との接触
連絡先担当者: エリック・チェン
ワッツアップ:+86 199 2603 5851
メール:連絡先 @didahealthy.com
追加:
中国広州海珠区樹新街33号国美スマートシティ西塔13階
著作権 © 2023 広州滴達科技有限公司 - didahealthy.com | サイトマップ
Customer service
detect