loading

理学療法の役割と利点を探る

世界中で約 24 億人が健康状態や怪我のために何らかのリハビリテーションを必要としています。 理学療法 人々が日常生活に影響を与える症状や怪我に対処するのに役立ちます。 理学療法がすべての人に適しているわけではありませんが、私たちは適切な解決策を確実に見つけられるようにしたいと考えています。 しかし、理学療法とは一体何なのでしょうか?この記事では、理学療法とは何か、理学療法の役割や効果、理学療法機器の種類などについて解説します。

理学療法とは何ですか?

理学療法はリハビリテーション治療の一環です。 一般に、音響、光学、電気、力学、冷熱伝導、その他の物理的特性を利用して、対応する治療を実行します。 身体機能と四肢機能を改善する非侵襲的、非薬物療法のリハビリテーション治療です。

理学療法は、急性および慢性の病気や痛みを持つ人々が感覚と動きを取り戻すのに役立ちます。 患者がどのような種類の痛みに苦しんでいるとしても、理学療法はリハビリテーションのための良い選択肢です。 身体リハビリテーション療法は回復と可動性を促進し、将来的により深刻な怪我を防ぐことができます。

理学療法の機能と利点は何ですか?

1. 抗炎症効果

さまざまな理学療法には抗炎症作用があります。

2.鎮痛効果

身体リハビリテーションでは、痛みを軽減するためにさまざまなテクニックが使用されることがよくあります。

3. 抗菌効果

紫外線は殺菌作用があることで知られており、黄色ブドウ球菌、緑膿菌、炭疽菌、溶血性連鎖球菌などを死滅させることができます。

4. 鎮静と不眠症

いくつかの理学療法法は、大脳皮質の拡散抑制を強化し、全身の緊張を和らげることができるため、明らかなショック効果や催眠効果を生み出すことができます。

5. 神経筋を興奮させる

理学療法は、さまざまな技術パラメータを使用した低周波および中周波電気療法を通じて末梢神経麻痺や筋萎縮を治療したり、筋力を強化するために使用したりできます。

6. けいれんを和らげる

けいれんを軽減できる理学療法には、深部組織に作用する短波、超短波、マイクロ波療法のほか、パラフィン療法、赤外線療法などがあります。 表面組織に作用します。 けいれんを軽減する理学療法の主なメカニズムは、熱エネルギーが筋紡錘内の V 遠心性神経線維を減少させ、伸張反射を弱め、筋緊張を低下させることです。

7. 傷跡を柔らかくし、癒着を溶解します

結合組織の弾性を変化させ、延性を高めることができます。 術後の傷跡や組織癒着の治療によく使用されます。 疲労痕を柔らかくし、癒着を分散させる明らかな効果があります。

8. 創傷治癒を促進する

理学療法は、創傷感染を予防および制御すると同時に、肉芽組織の成長を刺激し、上皮バイパスおよび創傷治癒プロセスを促進します。

9. カルスの形成を促進する

理学的リハビリテーション療法は、骨の成長を促進し、骨折の治癒を促進します。

10. 身体を強化する’免疫力

いくつかの理学療法が体の免疫力を高め、調節できることが実験によって証明されています。

Roles And Benefits Of Physical Therapy

理学療法機器の種類

理学療法およびリハビリテーション機器は医療機器のセットです。 理学療法機器は、臨床治療のために人体に対する人工物理的要因のさまざまな生理学的および生物学的効果を利用する工学技術機器です。 これらの装置は、怪我や手術後に患者が動き、筋力、機能を回復できるように設計されています。 利用可能な理学療法ツールにはさまざまな種類があり、それぞれに独自の利点と用途があります。 理学療法に使用される一般的な機器には次のようなものがあります。:

1. 運動器具: これらの機械は、患者が筋力と持久力を再構築し、心臓血管の健康を改善するのに役立ちます。 運動器具は、関節炎などの慢性疾患の患者だけでなく、手術後のリハビリテーションにもよく使用されます。

2. 電気治療器: この機器は電気パルスを使用して筋肉や神経を刺激します。 電気療法装置は、患者の可動域を改善し、痛みを軽減し、筋肉機能を強化するのに役立ちます。

3. 温冷療法装置: 炎症、痛み、腫れを軽減するために、温冷療法がよく使用されます。 温熱、温熱パッド、温水療法は損傷部位への血流を増やすのに役立ち、冷湿布や氷浴は腫れや炎症を軽減するのに役立ちます。

4. バランスおよび安定化装置: これらの器具は、バランスと調整を改善し、転倒やその他の怪我を防ぐためによく使用されます。

5. 移動補助具: これらのデバイスは、特に動きが制限される可能性がある回復の初期段階で、患者が安全かつ独立して移動できるように支援します。

6. マッサージおよび手技療法機器: これらのデバイスは、血流を改善し、筋肉の緊張を軽減し、リラクゼーションを促進するのに役立ちます。

理学療法士に連絡し、信頼できる理学療法機器のサプライヤーを見つけて購入してください。 理学療法機器や消耗品をお探しなら、 ディダ・ヘルシー 最良の選択肢の 1 つとして、あなたの最良の選択です 理学療法機器メーカー .

prev prev
What is Physical Therapy?
How to Heal Diseases with Vibroacoustic Therapy?
あなたにおすすめ
アプリケーション: 在宅病院 定員:1名様 機能: 回復する キャビン素材: TPU キャビンサイズ: Φ80cm*200cm カスタマイズ可能 色: 白色 加圧媒体: 空気 酸素濃縮器純度:約96% 最大風量:120L/分 酸素流量:15L/min
アプリケーション: 病院/家庭 機能: 治療/ヘルスケア/救助 キャビン材質:二層金属複合材料 + インテリアソフト装飾 キャビンサイズ: 2000mm(L)*1700mm(W)*1800mm(H) ドアサイズ: 550mm(幅)*1490mm(高さ) キャビン構成:手動調整ソファ、加湿ボトル、酸素マスク、鼻吸引器、エアコン(オプション) 酸素濃度酸素純度:約96% 作動音:<30db 機内温度:周囲温度+3℃(エアコンなし) 安全設備:手動安全弁、自動安全弁 床面積:1.54㎡ 客室重量: 788kg 床圧:511.6kg/㎡
アプリケーション: 在宅病院 定員:お一人様 機能: 回復する 材質:キャビン材質:TPU キャビンサイズ: 1700*910*1300mm 色: 元の色は白、カスタマイズされた布カバーが利用可能です 電力:700W 加圧媒体: 空気 出口圧力:<400mbar@60L/min 最大使用圧力: 30Kpa 内部酸素純度:26% 最大風量:130L/分 最小風量:60L/min
さまざまな周波数にわたる音波振動と遠赤外線ハイパーサーミア技術を組み合わせたソニックバイブレーションサウナは、スポーツ関連の回復のための包括的な多周波リハビリテーション療法を患者に提供します。
さまざまな周波数にわたる音波振動と遠赤外線ハイパーサーミア技術を組み合わせたソニックバイブレーションサウナは、スポーツ関連の回復のための包括的な多周波リハビリテーション療法を患者に提供します。
データなし
ご連絡ください
広州滴達科技有限公司 は正林製薬が投資し、研究に特化した会社です。
+ 86 19926035851
24時間体制で
      
私達との接触
連絡先担当者: エリック・チェン
ワッツアップ:+86 199 2603 5851
メール:連絡先 @didahealthy.com
追加:
中国広州海珠区樹新街33号国美スマートシティ西塔13階
著作権 © 2023 広州滴達科技有限公司 - didahealthy.com | サイトマップ
Customer service
detect